Drive 人気記事のエフェクター

Ibanez / TS808 のスペックや特徴などをレビュー。数多くのアーティストが愛する、ブルースロック必須の名作オーバードライブ。

 

一言コメント
マーくん

今回は数多くのアーティストが愛するオーバードライブ「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」をご紹介します!

 
こんにちは!管理人のマーくんです。今回は数多くのアーティストが愛するオーバードライブ「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」」をご紹介したいと思います。
 
Ibanez / Tubescreamerシリーズは、スティーヴィー・レイ・ヴォーン , エリック・ジョンソンといったブルースロック系ミュージシャンやアークティックモンキーズのVo.ギタリストのアレックス・ターナーといったオルタナ系ミュージシャンまで、数多くのプロミュージシャン愛されている、名作と言っていい定番のオーバードライブです。
 
それではさっそく「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」をご紹介します!
 
 

 


 
 

エフェクターについて


 

伝説のエフェクターの復刻版

「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」は、元々は星野楽器が販売していたオーバードライブペダルMAXONのシリーズで、1970年代に海外で販売されたTubescreamer Overdrive Pro TS808の再生産版です。2014年に35周年を迎えたチューブスクリーマーは今でも世界中のギタリストから愛されています。チューブスクリーマーの粘りのある中音域の歪みを愛してやまない人達にとって、この再生産は嬉しいですね。
 
 

スペックについて

「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」のスペックや価格の情報です(2022年5月16日現在)。
 

価格 13,000円前後
電源 006P(1個)、ACアダプター(別売)
消費電流 8mA(DC9V)
端子 入力、出力、ACアダプター
寸法 76(W)×51(H)×152(D)mm
重量 453g(1ポンド)
注:2022年5月16日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

 
 

音質や特徴について


 

コントロール部

LEVEL 音量を調整できます
TONE 音色を調整できます
OVERDRIVE 歪みの量を調整できます

 

ポップからメタルまで幅広く対応できる

「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」は、ポップからメタルまで幅広く対応できるウォーミーな音色が特徴です。特にイコライザーやアンプと組み合わせることによって、その実力をさらに発揮できます。同じチューブスクリーマーのシリーズで有名なTS9に比べると、若干ゲインが低く中音域にまとまった感じが強いのが特徴で、真空管をドライブさせたような温かみのある音色です。
 

数多くの名ギタリストが愛用

「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」は、80年代初頭に海外で発売され、以降世界中の多くのミュージシャンに愛され続けてきたエフェクターです。スティヴィーレイヴォーンをはじめとして、エリックジョンソンやマイケルランドゥ等、当時のオリジナルモデルを使用していたミュージシャンは数多くいます。 
 


 
 

使い方について


 
「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」は、コントローラーはOVERDRIVE、TONE、LEVELとシンプルな設計になっているので、初心者でも扱いやすいのが特徴です。特にTONEの可変幅が大きく、その分ギタリストの演奏のニュアンスが伝わりやすいくなります。また音質がまろやかなので、クリーンブースターとして利用していいと思います。
 
 

実際の音色について

 

一言コメント
マーくん

ピッキングの強さで歪みのニュアンスを変えることができるのが、楽しいエフェクターだと思います!

 
 

記事のまとめ


今回は「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」をご紹介しました。まだまだ紹介しきれない部分もありますが、簡単な特徴と使い方をご紹介しました。
 

ここがポイント!

ポップからメタルまで幅広く対応できる
数多くの名ギタリストが愛用
ピッキングの強さで歪みのニュアンスを変えることができる

 
「Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808」はオーバードライブの名作と言っていいエフェクターだと思います。使ってみたことがない方は、ぜひ一度試してみてください!
  

-Drive, 人気記事のエフェクター
-,