Drive

XOTIC EP Boosterの使い方や特徴などを解説レビュー。シンプルながらも、現場で即使える、暖かみのある定番ブースター。

EP booster

こんな人におすすめ

  • 長く使える定番ブースターは?
  • 現場で即戦力になるブースターが欲しい
  • シンプルで使いやすいペダルが好き
トーイ

今回は、多くのプロギタリストも愛用している定番ブースター「XOTIC EP Booster」を開設します!

こんにちは!管理人のトーイです。最近、改めて山下達郎を聴き直しているんですが、やっぱりバケモノですね(もちろんいい意味で)。「SPARKLE」のカッティングの雰囲気、なかなか出せないですよね〜。

今回はプロギタリストも愛用している定番ブースター「XOTIC EP Booster」をご紹介したいと思います。

XOTIC EP Booster「長く使える定番ブースターは?」「現場で即戦力になるブースターが欲しい」「シンプルで使いやすいペダルが好き」といった人にはおすすめのエフェクターだと思います。

それではさっそく「XOTIC EP Booster」をご紹介していきましょう!

ブランド / メーカーについて

Xotic(エキゾチック)

Xotic(エキゾチック)は、「エフェクトペダルはサウンドの軸であるギターとアンプの音を優しく支えるためにこそ存在する」という理念のをもつ、LA郊外を拠点としているメーカーです。ギターやベース、エフェクターのほかにオリジナルピックアップやプリアンプも製作しています。その制作アイテムはプロミュージシャンからも非常に高い評価を得ています。

EP Boosterってどんなエフェクター?

出典:Amazon

ブースターという種類のエフェクター

「XOTIC EP Booster」は、ブースターという種類のエフェクターです。ブースターは、純粋にギターの音色を歪ませるというわけではなく、「音量」「歪み」「音域」などをブースト(増幅)させ、バンドの中でもギター音が埋もれずに前に出すことができるエフェクターです。一般的にはギターソロ時の音量アップなどは最もよく使われますね。個人的も好きなエフェクターです。

伝説的銘機Echoplexをシミュレート

XOTIC EP Boosterは、ジミーペイジ、エディヴァンヘイレン、ブライアンメイ、エリックジョンソンなどが使用したことでも知られる、テープエコーの伝説的銘機Echoplexのプリアンプ部をシミュレートして作られていて、ウォームでコシのあるプリアンプサウンドを得ることができます。

主な使用アーティスト

主な使用アーティスト

EP Boosterは主に以下のアーティストが使用しているようです。参考にしてみてくださいね。

主な使用アーティスト

  • ジョー・ボナマッサ
  • デイヴ・グロール(フーファイターズ)
  • サーストン・ムーア(ソニック・ユース)
トーイ

上記以外にも数多くのプロギタリストに使用されています。幅広いジャンルのアーティストから支持されているのがわかりますね。

スペックや価格について

XOTIC EP Boosterの仕様や価格の情報です(2022年12月27日現在)。

メーカー Xotic
価格 16,000円前後
電源 9VDC-18VDC
消費電流 5mA
端子 入力、出力、ACアダプター
バイパス方式 トゥルーバイパス
寸法 38(W)×38(H)×89(D)mm
重量 260g

注:2022年12月27日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

ツマミについて

LEVEL 音量を調整できます

音の特徴について

出典:Amazon

多くのプロギタリストたちも愛用

XOTIC EP Boosterは、トップクオリティーパーツを使用、耐久性においても、プロの現場で十分使えるように設計されています。サウンドも全帯域をブーストするのではなく、ギターのもっとも美味しいところを狙ってブーストしてくれるので、プロギタリストからの信頼も厚いです。

シンプルな操作感

XOTIC EP Boosterは、LEVELのつまみが一つしかない、とてもシンプルな操作感です。また、さらに音を作り込みたい方は、本体の裏蓋を外し、ディップスイッチを切り替えることで、さらに細かい音作りが可能になるのも特徴です。

トーイ

EP boosterは良くも悪くも少し音にクセ(特徴)があるので、好みもあると思いますが、一旦使い始めるとなくては物足りなくなりますね。

デメリットと感じるポイント

デメリットと感じるポイント

EP Boosterのデメリットと感じるポイントですが、いくつか気になる部分を挙げてみると

デメリットと感じるポイント

  • 細かい設定は難しい
  • ハムPUにはすこし不向きかも
  • 良くも悪くもEP Boosterの音になる

というところでしょうか。参考にしてみてくださいね。

主な使い方や音作りのコツ

主な使い方や音作りのコツ

常時オンにして音にハリと艶

常時オンにして音にハリと艶をだすというのが、XOTIC EP Boosterの一般的な使い方の一つかと思います。特にストラト系のギターには相性が良く、クリーンサウンドがワンランク上の質感になると思います。

ギターソロ時にONにして使う

ギターソロ時にONにして使うのも、XOTIC EP Boosterの使い方としておすすめです。ギターのもっとも美味しい低中音域を絶妙にブーストさせることができるので、JC-120のようなトランジスタアンプでも、音質が真空管アンプを通したような雰囲気になります。

実際の音色の動画

トーイ

めちゃめちゃ好みのブースト感です!温かみもありジューシーなブースト具合だと思います。

EP Boosterはこんな人にオススメ

こんな人にオススメ

EP boosterはこんな人にオススメのエフェクターだと感じました。ぜひ参考にしてみてください。

こんな人にオススメ

  • あくまでブースターは味付け程度で使う
  • ブースターに細かい設定は必要ない
  • 現在のボードのセッティングを大きく変更したくない

記事のまとめ

XOTIC EP Boosterについて、特徴や使い方などをまとめてみると

ここがポイント

  • 伝説的銘機Echoplexをシミュレート
  • 多くのプロギタリストたちも愛用
  • シンプルな操作感

といったところでしょうか。XOTIC EP Boosterは、コンパクトながらも非常にサウンドのクオリティが高い、即戦力になる定番ブースターだと思います。ご自身のギターサウンドが、本当にワンランク上になると思いますよ!

トーイ

EP boosterはギターだけでなくベースでも使えます。これもポイントが高いですね。

-Drive
-,