広告 ディストーション

MXR / M78 ディストーションの特徴と使い方等をレビュー。真空管アンプを使ったようなヴィンテージな太く暖かい歪み。

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーション

こんな人におすすめ

  • ブルースロックやクラシックロックが好き
  • 荒い歪みでがっつりバッキングを弾きたい
  • 歪みでもピッキングのニュアンスを大事にしたい
トトくん

ブルースロックやクラシックロックで、がっつりバッキングを弾きたいんだけど、雰囲気が出るエフェクターを教えて!

それなら、真空管アンプを使ったような、ヴィンテージな歪みを作れる「MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーション」がオススメだよ!

トーイ

こんにちは!管理人ギタリストのトーイです。

モダンハイゲインな歪みではなく、ヴィンテージな歪みを作りたいという悩みってありますよね。

今回はそんなギタリストさんにおすすめの、真空管アンプを使ったような、ヴィンテージな歪みを作れる「MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーション」をご紹介します!

特に『ブルースロックやクラシックロックが好き』『荒い歪みでがっつりバッキングを弾きたい』『歪みでもピッキングのニュアンスを大事にしたい』という方には、オススメできるエフェクターだと思います。

それでは、「MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーション」のあれこれを楽しんで解説していきましょう!参考にしていただければうれしいです!

ブランド / メーカーについて

MXR

MXR

MXRは、創業は1972年にニューヨーク州西部ロチェスターに設立された、最古参のひとつに数えられるエフェクターのメーカーです。初期の頃はオーディオ用品の修理事業などをメインとして業務を行っていましが、その後エフェクター制作を始め、「M102 DYNA COMP 」をはじめ、現在でも多くのギタリストに愛される名作エフェクターを数多く発表しています。

MXR / M78ってどんなエフェクター?

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーション

出典:Amazon

伝統的な真空管アンプのようなディストーションサウンド

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、クラシックなディストーション回路を採用した、伝統的な真空管アンプのようなディストーションサウンドを生み出すことができるペダルです。

内部にはクラシックディストーション回路を採用しており、音声信号を極端に高めたリッチなトーンを実現しています。

また、本体に備わる3つのノブでサウンドを自在に変化できるほか、CRUNCHボタンでディストーションの度合いをさらに高めることも可能です。

ディストーションとは

ディストーションは、ハードロックやへヴィメタルでよく使われる、荒々しく硬い歪みを生み出すエフェクターです。トランジスタ型のアンプなど、アンプ自体にGAINのツマミがなく、強い歪みを作れない時に場合によく使用されます。オーバードライブよりも、さらに激しく歪んだ音が特徴です。

トーイ

歪みの質はモダンな音色というよりも、やや荒さがある質感のものなので、ブルースロックや往年のクラシックロックがしっくりくる印象のペダルですね。

MXR / M78 Custom Badass 78

MXR / M78 Custom Badass 78

エフェクター購入は、業界最安値のサウンドハウスがおすすめ!お気に入りの一台が見つかりますよ!

サウンドハウスで探す

スペックや価格について

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションのスペックや価格の情報です(2023年9月12日現在)。

ブランド名MXR
価格13,000円~15,000円前後
発売時期2011年
電源006P(1個)、ACアダプター(別売)
消費電流6mA(DC9V)
サイズ6.6 x 14 x 11.2 cm

注:2023年9月12日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

中古価格相場について

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションの中古価格相場の情報です(2023年9月12日現在)。価格相場は状況によって変動しますので、あくまで参考程度にしてくださいね。

デジマート8,000円~10,000円前後
ヤフオク5,000円~8,000円前後

注:2023年9月12日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

主な使用アーティスト

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、主に以下のアーティストが使用しているようです。参考にしてみてくださいね。

主な使用アーティスト

  • ジョン・フルシアンテ
  • ポール・ギルバート

音の特徴について

コントロール部

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーション
OUTPUT音量を調節できます
TONE音色を調節できます
DISTORTION歪みの量を調節できます
CRUNCH歪みをブーストすることができます

ザラついたソリッドな質感の歪み

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、ブルースロックやクラシックロックが似合いそうな、ザラついたソリッドな質感の歪みをもつエフェクターです。

クランチ~オーバードライブまでの歪みが、最も作りやすく扱いやすいかと思いますが、DISTOTIONノブが3時から急に歪みが増し音量も大きくなり、クラシックなディストーションなサウンドになります。

ゲインの幅も広くプリアンプ的な使い方ができ、ストラトなど、シングルコイルピックアップ搭載のギターなら、CRUNCHボタンをONにしておくと、音も太くなります。

ピッキングのニュアンスやボリュームの反応がいい

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、ピッキングのニュアンスや、ギター側のボリュームの反応がいいペダルだと感じました。

ギター側のボリュームを調節することで、激しい歪みからクリーントーンへと調節することも可能で扱いやすいです。

トーイ

いわゆるモダンハイゲインとは一味違う歪みですが、好きな人には堪らない音質ですね。

MXR / M78 Custom Badass 78

MXR / M78 Custom Badass 78

エフェクター購入は、業界最安値のサウンドハウスがおすすめ!お気に入りの一台が見つかりますよ!

サウンドハウスで探す

ノイズや音痩せについて

ノイズについて

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、ハードな歪み系ペダルにしてはノイズは非常に少ないと思います。使用環境や設定にもよりますが、特にノイズ対策はいらないのではないでしょうか。

音痩せについて

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、トゥルーバイパス仕様になっていて、使用環境や設定にもよりますが、特に大きな音痩せはないように感じました。安心して使用することができると思います。

主な使い方や音作りのコツ

主な使い方や音作りのコツ

ペダルで歪みを作り、ギター側でクリーンサウンドに

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、ギター側のボリュームの追従性がとても高く、例えばペダル側で歪み多めに設定しておいて、ギター側のボリュームを絞ることで、クランチ~クリーントーンを作ることができます。手元の操作で音色を変えることができるので、幅広いプレイができそうです。

バッキングのメイン歪みとして使う

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、サスティーンがあまり伸びないので、ギターソロで使うというよりは、バッキングのメイン歪みとして使う方が扱いやすいかもしれません。ギターソロで使う場合は、別にブースターなどあるといいかもしれませんね。

実際の音色の動画

MXR / M78 Custom Badass 78

MXR / M78 Custom Badass 78

エフェクター購入は、業界最安値のサウンドハウスがおすすめ!お気に入りの一台が見つかりますよ!

サウンドハウスで探す

トーイ

ギターの音作りも大事ですが、やっぱり演奏力をあげるのもとても大切ですよね。個人練習もいいですが、レッスンを受けて客観的に指導してもらうと、確実に上達しますよ!

もっとギターが上手くなりたい!

THE POCKET|オンライン音楽教室

THE POCKET / オンライン音楽教室は、近所に音楽教室がない、通う時間がない、仕事が忙しいという方も365日、ご自宅で快適に「プロの音楽講師」から、ひとりひとりにとって最適なマンツーマンレッスンが受けられますよ。

デメリットと感じるポイント

デメリットと感じるポイント

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションのデメリットと感じるポイントですが、いくつか気になる部分を挙げてみると

デメリットと感じるポイント

  • モダンハイゲインな歪みは作れない
  • サスティーンはそれほど伸びない

というところでしょうか。参考にしてみてくださいね。

トーイ

気に入って買った機材でも、自分のプレイスタイルや趣味の変化で、使わなくなることもありますよね。そんな時は「楽器買取」でリサイクルがおすすめです!

不要な機材を売りたい人に

楽器の買取屋さん

楽器の買取屋さんは、楽器買取専門店だからできる『高額買取』出張・宅配・店頭買取全国対応の買取サービスです。最短即日30分の無料の出張査定サービスも可能。その日にその場で現金化でき、不要な機材がある方は要チェック!

そのほかのディストーション定番ペダル

ディストーションは、MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションの他にも、押さえておきたい+おすすめの定番ペダルがあります。代表的なものをいくつかご紹介しますね。

BOSS / DS-1

BOSS / DS-1

出典:Amazon

BOSS / DS-1は、1978 年に発売された、現⾏BOSS コンパクトの中でもっとも多くのギタリストに愛用されている、BOSS 初のディストーションです。歪みエフェクターの原点ともいえるサウンドは、今もなお、世界中のロック・ミュージシャンを魅了し続けています。

サウンドハウスで探す

MXR / Distortion+

MXR Distortion+

出典:Amazon

MXR / Distortion+は、1975年に世界初のディストーション・エフェクターとして発売され、ランディ・ローズをはじめ数多くのギタリストに使用されてきた歴史的な歪みエフェクターです。

つまみは2つのみとシンプルで初心者にも使いやすく、サウンドはサスティーンまでしっかりと歪むのが特徴です。歪みの幅も広く、甘いオーバードライブから荒々しいディストーションサウンドまで設定することができます。

サウンドハウスで探す

PROCO / RAT2

PROCO / RAT2

出典:Amazon

PROCO / RAT2は、歪ませるほどに音色が太くなる、ディストーション・ペダル定番中の定番といって過言ではないと思います。

特に80年代のジェフ・ベック、90年代のオルタナ系ギタリストがこぞって愛用したことでも知られており、その他の追随を許さない図太いサウンドとマイルドな歪みは国内外の多くのトップギタリストを魅了し続けています。

サウンドハウスで探す

leqtique 9/9

leqtique 9/9 ディストーション

出典:Amazon

leqtique 9/9 ディストーションは、内部回路に「DMOSFET」と呼ばれる多段回路を搭載し、真空管アンプのようなウルトラ・ハイゲイン・サウンドを生み出すように設計された、Leqtique完全オリジナル回路のディストーション・ペダルです。

トランジスタ・アンプでも真空管アンプでも使える、太さと温かみを持ちながらも極めてソリッドかつタイトなサウンドが特徴です。

まとめ:MXR / M78はこんな人にオススメ!

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーション

MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、こんな人にオススメのエフェクターだと感じました。ぜひ参考にしてみてください。

こんな人にオススメ

  • ブルースロックやクラシックロックが好き
  • 荒い歪みでがっつりバッキングを弾きたい
  • 歪みでもピッキングのニュアンスを大事にしたい

というところでしょうか。MXR / M78 Custom Badass 78 ディストーションは、老舗のエフェクターブランドらしく、男気のある歪みエフェクターだと感じました。筐体もかっこいいので、ボードに入っているとテンション上がると思います(笑)。

最後までお読みいただきありがとうございました!皆さんのギターライフの参考になればうれしいです。それでは!

トーイ

TS9との組み合わせもおすすめです。より幅広いギタープレイができる扱いやすい歪みになると思います。

MXR / M78 Custom Badass 78

MXR / M78 Custom Badass 78

エフェクター購入は、業界最安値のサウンドハウスがおすすめ!お気に入りの一台が見つかりますよ!

サウンドハウスで探す

-ディストーション
-,