広告 オーバードライブ

BOSS / SD-1Wの特徴や使い方を解説レビュー。初心者にもおすすめの定番オーバードライブのカスタム版。

BOSS / SD-1W

こんな人におすすめ

  • 初めてオーバードライブを購入する
  • ブースター的役割で使いたい
  • 従来のSD-1をパワーアップしたい
トーイ

今回は、多くのギタリストに愛されてきた、SD-1のパワーアップしたカスタム・ペダル「BOSS / SD-1W」を解説していきます!

こんにちは!管理人ギタリストのトーイです。

ギタリストであればみんな知っている(?)BOSS / SD-1ですが、愛用している方も多いかもしれませんね。僕もその一人です。

今回は、多くのギタリストに愛されてきた、SD-1のパワーアップしたカスタム・ペダル「BOSS / SD-1W」をご紹介します!

特に『初めてオーバードライブを購入する』『ブースター的役割で使いたい』『従来のSD-1をパワーアップしたい』という方には、オススメできるエフェクターだと思います。

それでは、「BOSS / SD-1W」のあれこれを解説していきましょう!

BOSS / SD-1W

BOSS / SD-1W

エフェクター購入は、業界最安値のサウンドハウスがおすすめ!お気に入りの一台が見つかりますよ!

サウンドハウスで探す

ブランド / メーカーについて

BOSS

BOSS

BOSSは元々rolandのグループ会社として、1976年に世界初のコーラスペダルCE-1を発表した老舗エフェクターブランドです。1977年には、世界初のオーバードライブペダルにして、今でも多くのギタリストに愛されているOD-1を発表するなど、常に時代のニーズに対応し、進化しているエフェクターブランドです。

技 WAZA CRAFTとは(メーカーサイトより抜粋)
創業以来、BOSSのエンジニアはアナログ回路設計から最先端のデジタル技術を駆使したDSPまで、あらゆる技術や培ってきたノウハウ、そして音に対する熱いスピリットを注ぎ込み、最高のギター・サウンドを追求し続けてきました。そのクラフトマンシップの結晶といえるコンパクト・ペダルが「技 WAZA CRAFT」です。熟練のエンジニアにより、一つひとつのパーツの選定からこだわり抜き、丹念に組み上げられたアナログ回路を搭載。細部に至るまでこだわったメイド・イン・ジャパンの「技 WAZA CRAFT」は、極上のサウンドと卓越した弾き心地をギタリストに提供します。

引用:BOSS公式サイト

SD-1Wってどんなエフェクター?

BOSS / SD-1W

出典:Amazon

多くのギタリストに愛されてきた「SD-1」を特別にカスタマイズ

BOSS / SD-1Wは、多くのギタリストに愛されてきたオーバードライブ「SD-1」を、BOSSが特別にカスタマイズしたペダルです。

厳選されたパーツを使用したフルアナログ方式で制作されているのに加えて、新たにスタンダードとカスタムという2つのモードを備えていて、回路自体が切り替えられるのか大きな特徴です。

スタンダード・モードはオリジナルの音色を新設計のディスクリート回路で再現し、カスタム・モードではパワフルかつピッキング・ニュアンスを忠実に反映するワイドレンジ・サウンドを創り出すことができます。

オーバードライブとは

オーバードライブは、比較的やさしく暖かみのある歪んだ音がするエフェクターです。どんな音楽のジャンルでも使用できるのが特徴で、シンプルに歪んだ音が欲しい時や、ギターソロ時に音を大きくする目的で使われることが多いです。

BOSS / SD-1W

BOSS / SD-1W

エフェクター購入は、業界最安値のサウンドハウスがおすすめ!お気に入りの一台が見つかりますよ!

サウンドハウスで探す

スペックや価格について

BOSS / SD-1Wのスペックや価格の情報です(2023年1月31日現在)。

ブランド名BOSS
価格18,000円前後
電源9V電池または9Vエフェクター(別売)
サイズ73W×59H×129Dmm
重量430g

注:2023年1月31日までに確認した製品情報です。情報は変動することがあります。

主な使用アーティスト

BOSS / SD-1Wは主に以下のアーティストが使用しているようです。参考にしてみてくださいね。

主な使用アーティスト

  • スティーブ・ヴァイ
  • ジョン・ペトルーシ
  • マーク・ノップラー

音の特徴について

コントロール部

BOSS / SD-1W
LEVEL音量を調節できます
TONE音質を調整できます
DRIVE歪みの量を調節できます
モードスイッチ音のキャラクターを変更できます

2つのモードを切り替えられる

BOSS / SD-1Wの大きな特徴は、スタンダードとカスタムという2種類のサウンド・モードを切り替えられることだと思います。

スタンダード・モードはオリジナルの音色を新設計のディスクリート回路で再現し、カスタム・モードではパワフルかつピッキング・ニュアンスを忠実に反映するワイドレンジ・サウンドを創り出すことができます。

従来のSD-1よりも音がクリアな印象

BOSS / SD-1Wは、BOSSがオリジナルSD-1のサウンドを磨き上げ、厳選された一つひとつのパーツを組み上げた完全ディスクリート構成のフルアナログ回路設計したというだけあって、従来のSD-1よりも音像がクリアになった印象です。

好みもあるかもしれませんが、歪んでいても音の輪郭がハッキリしていて、コードを弾いても気持ちがいいです。

実際の音色の動画

トーイ

暖かみあるクランチサウンドが気持ち良く、ミドルレンジもプッシュされている印象ですね。

BOSS / SD-1W

BOSS / SD-1W

エフェクター購入は、業界最安値のサウンドハウスがおすすめ!お気に入りの一台が見つかりますよ!

サウンドハウスで探す

主な使い方や音作りのコツ

主な使い方や音作りのコツ

真空管アンプと一緒に使う

SD-1Wは、中域が自然にブーストされる設計になっているからか、真空管アンプ(特にマーシャル)と非常に相性が良いです。アンプ側である程度、歪みを作っておいてSD-1でブーストするイメージで使用すると、とても気持ちのいいクランチ=オーバードライブサウンドになります。

ブースターとして使用する

SD-1Wは、メインの歪みとして使うよりもブースターとして使用する方が使いやすいかもしれません。特に同じBOSSから発売されている「BD-2」と相性が良いですね。現在メインの歪みを持っていて、もう少し音に勢いや艶が欲しい方は試してみて欲しいです。

トーイ

スタンダード、カスタムモードどちらも使いやすくていいですね。アンプによって使い分けもできそうです。

デメリットと感じるポイント

デメリットと感じるポイント

BOSS / SD-1Wのデメリットと感じるポイントですが、いくつか気になる部分を挙げてみると

デメリットと感じるポイント

  • エフェクター自体はそれほど歪まない
  • 従来のSD-1より上品な印象
  • 良くも悪くも個性が希薄

というところでしょうか。アンプをクリーンの状態から、SD-1Wで歪みを作ろうとすると、思ったよりも歪まないかもしれません。

激しめの歪みが欲しければ、アンプ側で歪ませるか、カスタムモードを使う、ブースター的に使うというのがいいかもしれないですね。

デメリットはいずれも音の好みによるものですが、よければ参考にしてみてくださいね。

SD-1Wの関連ペダル

SD-1Wにはいくつかの関連ペダルがあります。代表的なものをご紹介しますね。

BOSS / SD-1

BOSS / SD-1は、1981年の発売以来、世界中のギタリストに愛される定番オーバードライブです。甘くマイルドな歪みはピッキングの微妙なニュアンスを生かすことができ、またトーンコントロールによって表情豊かな表現をすることができます。その安定感のある歪みは、ある意味「オーバードライブの音」の指標にもなっています。

BOSS / BD-2 / BD-2W

BOSS / BD-2 Blues Driverは、SD-1をブースターとして使うと非常に相性が良く、より音の魅力がアップすると言われています。

1995年に登場以来のベストセラーのBOSSを代表するオーバードライブの一つで、強くピッキングした時の倍音やアタック感が美しく、オーバードライブ・サウンドから軽やかなクリーン・トーンまで、初心者でも扱いやすいシンプルなコントロール感です。

また、BOSS自身が特別にカスタマイズし、パワーアップしたモデルの「BD-2W」もおすすめです。

そのほかのオーバードライブ定番ペダル

オーバードライブは押さえておきたい+おすすめの定番ペダルがあります。代表的なものをいくつかご紹介しますね。

BOSS / OD-3

BOSS / OD-3」は、しっかりとした中低域と艶のある倍音が大きな特徴のオーバードライブです。

BOSS独自のデュアル・ステージ・オーバードライブ・サーキットを採用することで、一般的なオーバードライブを超える豊かなゲインとサステインが得ることが可能です。

BOSS / BD-2 Blues Driver

BOSS / BD-2 Blues Driverは、1995年に登場以来のベストセラーのBOSSを代表するオーバードライブの一つです。

強くピッキングした時の倍音やアタック感が美しく、オーバードライブ・サウンドから軽やかなクリーン・トーンまで、初心者でも扱いやすいシンプルなコントロール感です。

ドライブ・サウンドの可変域も広いので、クリーンブースター的な使い方から、激しいオーバードライブまで幅広いサウンド・メイクが可能です。

Ibanez / TS808

Ibanez / Tubescreamer Overdrive Pro TS808は、元々は星野楽器が販売していたオーバードライブペダルMAXONのシリーズで、1970年代に海外で販売されたTubescreamer Overdrive Pro TS808の再生産版です。

2014年に35周年を迎えたチューブスクリーマーは今でも世界中のギタリストから愛されています。チューブスクリーマーの粘りのある中音域の歪みを愛してやまない人達にとって、この再生産は嬉しいですね。

Ibanez / TS9

Ibanez / TS9 チューブスクリーマーは、スティーヴィー・レイ・ボーンほか、数多くのトップ・ギタリストに使用されたオーバードライブの代名詞とも言えるペダルです。

80年代初めに海外で発売されると、多くのミュージシャンに愛用され、現在、いわゆる「TS系」と呼ばれる現在のオーバオードライブ・ペダルは、このTS-9を基に製造されています。

また、現在市販されている「Tube Screamer TS-9」はオリジナル TS9 を当時のまま再現したモデルになっています。

サウンドハウスで探す

Fulltone / OCD

Fulltone / OCDは、「OBSESSIVE COMPULSIVE DRIVE」、略して「OCD」と呼ばれているエフェクターです。

ソリッドステート(トランジスタ)アンプ、特にジャズコーラスとの相性は抜群で、Volを絞ったクリーントーンでも高い解像度を保ち、ピッキングに対する反応性もいいのが大きな特徴です。

まとめ:SD-1Wはこんな人にオススメ!

BOSS / SD-1W

こんな人におすすめ

  • 初めてオーバードライブを購入する
  • ブースター的役割で使いたい
  • 従来のSD-1をパワーアップしたい

というところでしょうか。SD-1Wは、自分の好みのセッティングが見けることができると、本当に気持ちのいい音が出るペダルだと思います。

いろいろなジャンルに対応できる歪みだと思うので、初心者さんの最初の歪みペダルにもおすすめです!

BOSS / SD-1W

BOSS / SD-1W

エフェクター購入は、業界最安値のサウンドハウスがおすすめ!お気に入りの一台が見つかりますよ!

サウンドハウスで探す

-オーバードライブ
-, ,